日時:  2016年10月9日(日) 13:00 ー 17:00  
場所:  大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
主催:  大阪大学総合学術博物館湯川記念室
共催: 日本物理学会大阪支部
後援: 日本物理教育学会近畿支部

    高校生以上の学生の方、一般の方を対象に、最前線の物理、
    自然科学を紹介します。

Updated 26 September 2016

プログラム

13:00 - 13:10
湯川博士と大阪大学 細谷 裕 大阪大学
湯川記念室
13:10 - 14:40
 事実は小説より奇なり〜量子の世界への誘い  上田 正仁 東京大学大学院
理学系研究科教授
15:10 - 16:40
宇宙最大の爆発「ガンマ線バースト」による
重力波源と初期宇宙の探求
米徳 大輔 金沢大学理工研究域
数物科学系教授 

事実は小説より奇なり〜量子の世界への誘い(上田 正仁)

 
 量子は物質の最小単位を言います。この極微小の世界で起こっていることはたとえ推理小説で書いても 信じてもらえないくらい不思議なことに満ちています。実際、量子の世界の法則を発見したアインシュタインや シュレーディンガーといった天才たちですら、量子の世界の奇怪な振る舞いに生涯悩まされ続けた のです。 ところが今やそれらの奇妙な性質を積極的に利用して盗聴が不可能な量子暗号や夢の量子コンピューターが 作られようとしています。講演ではこの摩訶不思議な量子の世界へと皆さんを誘います。
 
 
fig1
 
  超流動を回転させると、量子渦と呼ばれる最小単位で回転する渦が生じ、それらが自発的に規則正しく並ぶ。(小林未知数氏提供)  


宇宙最大の爆発「ガンマ線バースト」による重力波源と初期宇宙の探求 (米徳 大輔)

 
 宇宙最大の爆発であるガンマ線バーストは、130億光年を超える遠くの 宇宙(初期宇宙)を観測する手段として利用されてきました。近年では、 重力波発生源の候補天体としても注目されています。近い将来には、 重力波の観測と協力して、ブラックホールが作られる瞬間を観測できる ようになりそうです。ガンマ線バースト・重力波・初期宇宙をキーワード として、最新のトピックを交えながら、これからの宇宙観測について紹介します。
 
 
fig2
 
  重力波とともに観測されるガンマ線バーストの様子




会場  ◇大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
対象  ◇高校生以上の学生及び一般の方々
受講料 ◇無料
定員  ◇先着190名 
     満員になった場合は、別の講義室にもビデオ中継します。
     来場順に着席していただきますが、ご了承お願いいたします。

申込方法
郵送、E-mailまたはFAXで、氏名、ふりがな、 郵便番号、住所、年齢、性別、職業をご連絡下さい。 10/7(金)17時 必着。 (ご連絡いただいた個人情報は、他に利用するものではありません。) 電話によるお申し込みは不可とさせていただきます。 定員に余裕のある場合は、当日会場でも受け付けます。

e-mail : yukawa7 に @het.phys.sci.osaka-u.ac.jp をつける。
     件名は「2016.10.9参加申込」でお願いします。
FAX: 06-6850-5341
〒560-0043 豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院理学研究科内  湯川記念講演会係
電話: 06-6850-5341 (月〜金 10:00〜17:00)
大阪大学中之島センター(大阪市北区中之島4-3-53 電話 06-6444-2100)は、 大阪市立科学館の北側に位置し、中之島通に面しています。 駐車場はありません。場所についての詳細は、 中之島センターのホームページ をご覧下さい。


●京阪中之島線 中之島駅(6番出口)より徒歩約5分、渡辺橋駅(1番出口)より徒歩約5分 ●JR東西線 新福島駅(2番出口)より徒歩約9分 ●JR大阪環状線 福島駅より徒歩約12分 ●阪神本線 福島駅より徒歩約9分 ●地下鉄四つ橋線 肥後橋駅(3番出口)より徒歩約10分