日時:  2015年10月11日(日) 13:00 ー 17:00  
場所:  大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
主催:  大阪大学総合学術博物館湯川記念室
共催: 日本物理学会大阪支部
後援: 日本物理教育学会近畿支部

   高校生、一般の方を対象に、最前線の物理、自然科学を紹介します。

Updated 23 July 2015

プログラム

13:00 - 13:10
湯川秀樹と大阪大学 細谷 裕 大阪大学
湯川記念室
13:10 - 14:40
宇宙の夜明け
- ファーストスターと        
    超巨大ブラックホールの謎 -
吉田 直紀 東京大学大学院
理学系研究科/   
  Kavli IPMU 教授
15:10 - 16:40
 生命を支える超分子ナノマシン   難波 啓一  大阪大学大学院
 生命機能研究科教授 

宇宙の夜明け - ファーストスターと超巨大ブラックホールの謎
  (吉田 直紀)


 
 最近の大型望遠鏡や衛星を用いた深宇宙観測により、遠方の天体が次々と発見されて います。これまでに観測された中でもっとも遠くにある銀河や巨大ブラックホールは 地球から130億光年以上も離れた場所にあり、宇宙創生から数億年という早期に 誕生したと考えられています。宇宙で最初の天体は何か。いつ、どのように誕生したのか。 このような謎について最新の観測やコンピューターシミュレーションの結果を交えて わかりやすく講演します。
 
 
fig1
 
  コンピューターシミュレーションで再現した宇宙のダークマター分布  


生命を支える超分子ナノマシン (難波 啓一)

 
 超分子ナノマシンはタンパク質や核酸など生体分子の複合体で、構成原子の精密な立体配置により機能を発現して生命機能を支えるナノスケールの分子機械です。工学技術をはるかにしのぐ高い精度や桁違いに小さなエネルギーで、高効率でしなやかに動作します。クライオ電子顕微鏡やX線回折法の技術進歩によって詳細に見えるようになった立体構造から、将来のナノマシン設計や創薬に役立つと期待される興味深いしくみをご紹介します。
 
 
fig2
 
  細菌の運動器官べん毛と基部の回転モーター




会場  ◇大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール
対象  ◇高校生以上の学生及び一般の方々
受講料 ◇無料
定員  ◇先着190名 
     満員になった場合は、別の講義室にもビデオ中継します。
     来場順に着席していただきますが、ご了承お願いいたします。

申込方法
郵送、E-mailまたはFAXで、氏名、ふりがな、 郵便番号、住所、年齢、性別、職業をご連絡下さい。 10/9(金)17時 必着。 (ご連絡いただいた個人情報は、他に利用するものではありません。) 電話によるお申し込みは不可とさせていただきます。 定員に余裕のある場合は、当日会場でも受け付けます。

e-mail : yukawa7 に @het.phys.sci.osaka-u.ac.jp をつける。
     件名は「2015.10.11参加申込」でお願いします。
FAX: 06-6850-5341
〒560-0043 豊中市待兼山町1-1
大阪大学大学院理学研究科内  湯川記念講演会係
電話: 06-6850-5341 (月〜金 10:00〜17:00)
大阪大学中之島センター(大阪市北区中之島4-3-53 電話 06-6444-2100)は、 大阪市立科学館の北側に位置し、中之島通に面しています。 駐車場はありません。場所についての詳細は、 中之島センターのホームページ をご覧下さい。


●京阪中之島線 中之島駅(6番出口)より徒歩約5分、渡辺橋駅(1番出口)より徒歩約5分 ●JR東西線 新福島駅(2番出口)より徒歩約9分 ●JR大阪環状線 福島駅より徒歩約12分 ●阪神本線 福島駅より徒歩約9分 ●地下鉄四つ橋線 肥後橋駅(3番出口)より徒歩約10分