Updated 12 August 2009




第24回湯川記念講演会

日時:  2008年10月5日(日) 13:00 ー 17:00
場所:  大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

主催: 大阪大学湯川記念室
共催: 日本物理学会大阪支部
後援: 日本物理教育学会近畿支部

    高校生、一般の方を対象に、最前線の物理を紹介します。

1.地球温暖化問題の現状と今後の課題
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構
地球持続戦略研究イニシアティブ統括ディレクター・教授 住 明正

洞爺湖サミットも終わり、温暖化対策に向けての新たな枠組み作りの議論が行われている。 2007年に発表された、IPCC第4次報告書は、 「温暖化は人間活動のせいか?」という議論に終止符を打ち、具体的な行動、 対応策を呼びかけた。これに伴い、反対意見も強力に出されるようになった。 そこで、今回の第4次報告書に含まれている科学的な知見を紹介し、 我々の社会の進むべき道筋について述べてみたい。
2.X線でみる宇宙
大阪大学大学院理学研究科准教授 林田 清

宇宙には様々な温度をもった物質が存在し、温度に応じて様々な種類の光が放射されている。 X線観測は、百万度から一億度といった超高温物質の存在をあきらかにする。 ブラックホール、超新星、銀河団といった天体を例に熱い宇宙を概観する。 あわせて、2005年7月に打ち上げられた日本で5番目のX線天文衛星すざくを例に、 気球や人工衛星を利用するスペース天文学の一端を紹介する。

sympo24



最先端の物理を高校生に

Saturday Afternoon Physics 2008


日時:  2008年10月18日、25日、11月1日、8日、15日、22日(土)3時─6時
場所:  大阪大学基礎工学部シグマホール(豊中キャンパス)
主催:  大阪大学湯川記念室
共催:  大阪大学理学研究科 、工学研究科、基礎工学研究科 、大学教育実践センター
      レーザーエネルギー学研究センター、核物理研究センター
後援:  大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、
    京都府教育委員会、京都市教育委員会、読売新聞大阪本社
    日本物理教育学会近畿支部、大阪府高等学校理化教育研究会
    大阪大学大学院工学研究科附属フロンティア研究センター

詳細は  「最先端の物理を高校生に Saturday Afternoon Physics 2008」
1) 最先端の科学をご紹介する。
2) 高校生、理科教育者を対象とする。
3) 参加費用は無料です。

sap2008



大阪大学 いちょう祭  2008年5月2日、3日

湯川秀樹博士関連の写真パネル展示
湯川秀樹博士・朝永振一郎博士のビデオ上映

附属図書館本館 A棟6階ホール

icho



第23回湯川記念講演会

日時:  2007年10月6日(土) 13:00 ー 17:00
場所:  大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

主催: 大阪大学湯川記念室
共催: 日本物理学会大阪支部
後援: 日本物理教育学会近畿支部

    高校生、一般の方を対象に、最前線の物理を紹介します。

1.身近に見た湯川先生と朝永先生
慶應義塾大学, 武蔵工業大学名誉教授 小沼 通二

親友であり、厳しいライバルだった湯川先生と朝永先生は、類まれな生涯を送られた。 私は学生時代からお二人の生涯にわたって、30年近く大変お世話になった。 お二人の業績と世界への波及についての国際共同研究にも参加した。 これらにもとづいて、数多くの思い出を含め、 お二人の物理と社会的活動の業績、その今日における意義を分かりやすく語る。
2.ナノと物性 ―スーパーアトムを並べる―
大阪大学大学院理学研究科教授 野末 泰夫

ナノメートルのサイズの物質系はたくさん知られており,それぞれ多様な性質を示す。 それらの中で,物性を主に支配する電子系がナノメートルのサイズの孔(あな)に閉じ込められた スーパーアトムについて紹介する。 電子はスーパーアトムの量子準位を順に占有し,その性質が大きく変化する。 スーパーアトムを規則正しく並べると, 構成元素を超えたまったく新しい性質が現れる。 物性物理学のひとつの新しい方向を紹介したい。




最先端の物理を高校生に

Saturday Afternoon Physics 2007


日時:  2007年10月20日、27日、11月3日、10日、17日、24日(土)3時─6時
場所:  大阪大学基礎工学部シグマホール(豊中キャンパス)
主催:  大阪大学湯川記念室
共催:  大阪大学理学研究科 、工学研究科、基礎工学研究科 、大学教育実践センター
      レーザーエネルギー学研究センター、核物理研究センター
後援:  大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、
    京都府教育委員会、京都市教育委員会、読売新聞大阪本社
    日本物理教育学会近畿支部、大阪府高等学校理化教育研究会

詳細は  「最先端の物理を高校生に Saturday Afternoon Physics 2007」
1) 最先端の科学をご紹介する。
2) 高校生、理科教育者を対象とする。
3) 参加費用は無料です。




大阪大学と湯川秀樹博士

素粒子の世界を拓く

湯川秀樹・朝永振一郎展

開催日:  2007年5月1日 より 5月31日 まで
主催:大阪大学 協力:京都大学、筑波大学、国立科学博物館

場所:  大阪大学総合学術博物館




大阪大学 いちょう祭  2007年4月30日、5月1日

湯川秀樹博士関連の写真パネル展示
湯川秀樹博士・朝永振一郎博士のビデオ上映

附属図書館本館 A棟6階ホール




第22回湯川記念講演会

日時:  2006年9月30日(土) 13:00 ー 17:00
場所:  大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

主催: 大阪大学湯川記念室
共催: 日本物理学会大阪支部
協賛: 日本物理教育学会近畿支部

    高校生、一般の方を対象に、最前線の物理を紹介します。

1. 加速器で探る素粒子・宇宙・物質・生命
J-PARC センター長 永宮 正治

20世紀の物理学は、加速器の進展と共に大きく飛躍した。次々と新しい素粒子が加速器を用いて発見され、現代の素粒子像が確立していった。一方、20世紀に入って、加速器は、素粒子のみならず宇宙の研究、そして、磁気素子・高分子物質・タンパク質といった物質や生命の研究に駆使され始めた。このような、未来の科学を開く新しい加速器にスポットを当て、その科学の目指す目標や日本における加速器施設を述べたい。
2. 物理学の目で世界を眺める
大阪大学サイバーメディアセンター教授 菊池 誠

「物質を記述する究極の理論」を求めるのも物理学ですが、物理学の考え方を世の中のさまざま な現象に当てはめてみるのもまた物理学の進め方のひとつです。たとえば、高速道路上での交通 渋滞の発生は、物理学の目では水が氷に変化する"相転移現象"に似たものと捉えられます。この 講演では、普通ならあまり物理学の対象とは思えないものを物理学の目で見るとどうなるか、お 話します。物理学の意外な広がりを感じていただければ幸いです。




最先端の物理を高校生に

Saturday Afternoon Physics 2006


日時:  2006年10月21日、28日、11月4日、11日、18日、25日(土)3時─6時
場所:  大阪大学基礎工学部シグマホール(豊中キャンパス)
主催:  大阪大学湯川記念室
共催:  大阪大学理学研究科 、工学研究科、基礎工学研究科 、大学教育実践センター
後援:  大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、
    京都府教育委員会、京都市教育委員会、読売新聞大阪本社

詳細は  「最先端の物理を高校生に Saturday Afternoon Physics 2006」

1) 最先端の科学をご紹介する。
2) 高校生、理科教育者を対象とする。
3) 参加費用は無料です。





大阪大学 いちょう祭  2006年4月30日、5月1日

湯川秀樹博士関連の写真パネル展示 および ビデオ上映

附属図書館本館 A棟6階ホール




日本物理学会大阪支部公開シンポジウム
− 物理の進歩でこんなものが見えるようになった! −
「不可視領域の可視化の最前線」

主催:日本物理学会大阪支部・大阪大学湯川記念室
共催:応用物理学会関西支部・日本物理教育学会近畿支部・大阪府高等学校理化教育研究会
後援:朝日新聞社・読売新聞大阪本社・大阪市教育委員会・大阪府教育委員会

詳細はこちら

日時: 2006年5月14日(日)13:30〜18:00
場所: 大阪大学中之島センター 10F 佐治敬三メモリアルホール
参加費: 無料

プログラム: 「X線で解明する高温の宇宙−−すざく衛星の挑戦」 常深 博  大阪大学
「高エネルギー粒子で宇宙をみる」 野崎光昭 高エネルギー加速器研究機構
「宇宙線望遠鏡計画」 川上三郎 大阪市立大学
「放射光でみえた原子の間の結合の様子」 高田昌樹 高輝度光科学研究センター
「ローレンツ電子顕微鏡で見る磁石の中身」 森 茂生 大阪府立大学
「電子顕微鏡で見る10億分の1メートルの極微の世界」 木村啓作 兵庫県立大学
 パネル・ディスカッション 講師全員




最先端の物理を高校生に Saturday Afternoon Physics 2005

日時:  2005年10月22日、29日、11月5日、12日、19日、26日  (土) 3時ー6時
場所:  大阪大学基礎工学部シグマホール(豊中キャンパス)
主催:  大阪大学湯川記念室、世界物理年関西委員会
共催:  大阪大学理学研究科 、工学研究科、基礎工学研究科 、大学教育実践センター
協賛:  物理教育学会近畿支部
後援:  大阪府教育委員会、兵庫県教育委員会、奈良県教育委員会、京都府教育委員会、 京都市教育委員会、朝日新聞社

詳細は  「最先端の物理を高校生に Saturday Afternoon Physics」

1) 最先端の科学をご紹介する。
2) 高校生、理科教育者を対象とする。
3) 参加費用は無料です。


第21回湯川記念講演会と「自然科学の基礎を訪ねるー科学の最先端を市民に語る」

日時:  2005年11月19日、20日 11時 から 17時
場所:  大阪大学中之島センター 講義室2、3 と 佐治記念ホール
主催:  世界物理年関西委員会、大阪大学湯川記念室、大阪市立科学館、 物理教育学会近畿支部
共催:  物理学会大阪支部、大阪大学理学研究科物理学専攻、他

詳細は  「自然科学の基礎を訪ねる - 科学の最先端を市民に語る」

    高校生、一般の方を対象に、最前線の物理を紹介します。
11月19日(土): 実験のデモンストレーション

11月20日(日): 湯川記念講演会
牧島 一夫 「ロケット、科学衛星、ブラックホール」
土屋 麻人 「スーパーストリング理論 −究極理論への挑戦−」
田島 節子 「高温超伝導の謎」
保坂 淳  「サブアトミック世界の魅力」


アインシュタイン祭

日時:  2005年5月11日、6月30日、7月24日、9月25日
場所:  大阪大学中之島センター 、大阪市立大学
主催:  世界物理年関西委員会
共催:  大阪大学湯川記念室

詳細は  関西委員会のホームページ

第5回 9月25日(日)午後1時〜8時 場所: 大阪市立大学
「特殊相対論の第2論文」を記念して
懇親会もあります。



大阪大学 いちょう祭  2005年4月28日、29日

湯川秀樹博士関連の写真パネル展示 および ビデオ上映

附属図書館本館 A棟6階研修室



アインシュタインイヤー・イン・オオサカ

主催:日本物理学会大阪支部・日本物理教育学会近畿支部・応用物理学会関西支部・大阪大学湯川記念室

(無料です。)

日時: 2005年3月13日(日)13:00〜18:30(12:30受付開始)
場所: 大阪大学中之島センター

プログラム:
「アインシュタインの奇跡」    高杉 英一 (大阪大学大学院理学研究科/教育実践センター)
「アインシュタインと賢者の石」  吉田 博  (大阪大学産業科学研究所)
「アインシュタインの夢」     菊池 誠  (大阪大学大学院理学研究科)
「膜宇宙 − 最新の宇宙モデル」   石原 秀樹 (大阪市立大学大学院理学研究科)
「ナノチューブのナノメカニクス」 中山 喜萬 (大阪府立大学大学院工学研究科)
「放射光が拓く新しい科学」    難波 孝夫 (神戸大学大学院自然科学研究科)
「未来を拓く超伝導の世界」    北岡 良雄 (大阪大学大学院基礎工学研究科)

第20回湯川記念講演会

(無料です。)

日時:2004年10月30日(土) 13:00 ー 17:00

場所:大阪大学中之島センター10階 佐治敬三メモリアルホール

対象: 高校生以上の学生及び一般の方々

トピックス:
1. 放射光X線で見るナノサイエンス ―原子・分子、タンパク、そして古代鏡―
    壽榮松(すえまつ) 宏仁(ひろよし) 教授
    高輝度光科学研究センター(SPring-8)
2. 極微な力で拓くナノの世界 ―原子を触って、動かして、組み立てる―
    森田 清三 教授
    大阪大学大学院工学研究科
申し込み:  こちらへ