プログラム
SAP2016 講義ではどんどん質問して下さい
授業の構成
授業は、三部構成 ・ 全6日間(毎回休憩時間を含み3時間)です。
また、6日間のうち1日は、最先端研究施設の見学となります。
基幹講義自然界の様々な世界を訪ねます約60分
コーヒーブレイク展示、掲示、Q&A約40分
実践講義ハイテクにおける物理、ゲーム、クイズ約50分
スケジュールとプログラム
【10月15日】 理学部 大講義室(D501)
入 学 式
基幹講義自然界をめぐる旅へのいざない藤田佳孝
大阪大学核物理研究センター
コーヒーブレイク身の回りの物理を体験しよう久保等・他技術部職員
大阪大学理学研究科・工学研究科
実践講義高エネルギー粒子線の特性を生かすガン治療北川敦志
放射線医学総合研究所
【10月22日】 理学部 大講義室(D501)
基幹講義量子の世界への旅立ち
− 光の物理から量子力学へ −
渡辺純二
大阪大学生命機能研究科
コーヒーブレイク分光計で見る量子の世界福田光順・松多健策
大阪大学理学研究科
実践講義超伝導:物質世界に見る量子現象宮坂茂樹
大阪大学理学研究科
【10月29日】 施設見学(吹田キャンパス)
吹田キャンパス見学会
大学院工学研究科
レーザーエネルギー学研究センター
核物理研究センター
【11月5日】 基礎工学部 大講義室(B300)
基幹講義物質の世界への旅立ち
− 力を電気に変える物質、磁気を電気に変える物資 −
木村剛
大阪大学基礎工学研究科 
コーヒーブレイク導電性プラスチックをつくろう廣木一亮・飯島賢二・関山明
津山工業高等専門学校・大阪大学カデットプログラム・大阪大学基礎工学研究科
【11月12日】 理学部 大講義室(D501)
基幹講義宇宙の世界への旅立ち
− 隕石の研究からわかる太陽系の起源と進化 −
寺田健太郎
大阪大学理学研究科
コーヒーブレイク研究室をのぞいてみよう大阪大学理学研究科・基礎工学研究科
【11月19日】 理学部 大講義室(D501)
基幹講義原子核・素粒子の世界への旅立ち
− 極微の世界での「不思議」−
小田原厚子
大阪大学理学研究科
コーヒーブレイク霧箱を作って放射線を見よう松多健策・高久圭二・高橋成人
大阪大学理学研究科・核物理研究センター・京都府立医科大学
修 了 式
※プログラムは予告なく変更される可能性があります。

Copyright (C) 2010 Osaka University. All Rights Researved.