Q & A コーナー
SAP2015
【Q1】 実施日程は確定していますか?
【A1】
2015年 10月17日・24・31日、 11月 7日・14日・21日です。
【Q2】 なぜ6週間も続くのですか?
【A2】
この企画では、自然科学のいろいろな分野をたずねます。その世界の大きな広がりを知ってほしいからです。
【Q3】 応募の方法が分からないので教えて欲しい。
【A3】
募集要項は6月に確定し、Web上で公開するとともに、関西の高等学校、理科教育の関係者に配布する予定です。申し込みは、郵送、電子メール、Webが可能です。既に、ご興味をお持ちの方は、sap2015@phys.sci.osaka-u.ac.jp へお問い合わせ下さい。
【Q4】 6週間の日程の中に、どうしても参加できない日があるのですが、全ての講義に参加できない場合でも、申し込みをすることは出来ますか?
【A4】
学校行事などでどうしても参加できない日程がある場合でも、その他の講義に参加していただければ結構です。参加申し込みの際に、参加できない日程をお知らせ下さい。
【Q5】 私は物理があまり得意ではありません。それでも参加出来るのでしょうか?
【A5】
SAPの目的の一つは、自然の神秘を感じていただき、その背景にある物理への興味を膨らませてもらうことにあります。得意、不得意は関係ありません!この催しに参加してみたいと思ったあなたのその気持ち・・・、それが全てです。ぜひご参加下さい。
【Q6】 参加は登録制との事ですが。
【A6】
はい、事前に登録していただく必要があります。ご応募頂いた方を当事務局で登録し、 招待状を発送致します。尚、定員180名を上回る応募が有った場合には先着順とさせていただきます。
【Q7】 「最先端の物理を高校生に Saturday Afternoon Physics」の修了証書の効力とは?
【A7】
修了証書は、大学等の入試の資格事項とはなりません。但し、今後増えてくると考えられる入試時の提出資料としての「抱負」や「自己に関する記述」の中で、「最先端の物理を高校生に - Saturday Afternoon Physics」修了と記載する事ができます。このような「抱負」や「自己に関する記述」の提出は、海外の大学、大学院では既に一般的入試提出書類のひとつとなっています。当実行委員会も「最先端の物理を高校生に - Saturday Afternoon Physics」修了証書の権威を高めるべく、高い評価を得られるようなプログラムの提供を目指しております。
【Q8】 コーヒーブレイクは学習と関係が有るのですか? ただの休憩時間ですか?
【A8】
コーヒーブレイクは、

・ 参加者同士の交流、及び参加者と研究者、教育者との交流を図り、 科学の研究の雰囲気を体感する。
・ 自由な議論により、質問に対する回答を研究者、教育者から直接得られる。
・ 研究機関の展示コーナーを設ける事で、最新の研究に触れる事ができる。

等の役割を果たす立食形式のティータイム、クッキータイムです。 つまり、参加者による探索型学習の機会を提供する重要な企画です。

Copyright (C) 2010 Osaka University. All Rights Researved.