湯川記念講演会の記録

大阪大学湯川記念室では、中間子論50周年にあたる昭和60年(1985年)から、高校生以上の一般の方々を対象とする講演会を毎年開催してきました.

   第1回 (昭和60年11月9日、土、13:30〜15:30)  於:大阪大学基礎工学部Σホール
    若槻 哲雄 元大阪大学総長(大阪大学名誉教授)  「大阪大学と湯川博士」
    内山 龍雄 帝塚山大学学長(大阪大学名誉教授)  「湯川物理学と阪大」

   第2回 (昭和61年11月8日、土、13:30〜15:30)  於:大阪大学教養部講堂
    谷川 安孝 岡山理科大学教授(神戸大学名誉教授) 「湯川博士は何を発見したか」
    芝  哲夫 大阪大学理学部教授          「化学者からみた細菌と人間」

   第3回 (昭和62年11月7日、土、13:30〜15:30)  於:大阪大学基礎工学部Σホール
    長島 順清 大阪大学理学部教授          「ニュートリノの描く素粒子と宇宙像」
    難波  進 大阪大学基礎工学部教授        「超微細加工とエレクトロニクス」

   第4回 (昭和63年10月29日、土、13:30〜15:30) 於:大阪大学基礎工学部Σホール
    奥  雅博 大阪大学人間科学部助教授       「哲学から見た数学−ウィトゲンシュタインの場合−」
    宮本 重徳 大阪大学理学部教授          「X線星とブラック・ホール」

   第5回 (平成元年11月11日、土、13:30〜15:30)  於:大阪大学基礎工学部Σホール
    南  茂夫 大阪大学工学部教授          「ラボラトリーオートメーションの歩み」
    森田 正人 大阪大学理学部教授          「自然界における右と左について」

   第6回 (平成2年11月10日、土、13:30〜15:30)  於:大阪大学基礎工学部Σホール
    徳永 史生 大阪大学理学部教授          「眼の中に見る宇宙」
    金森順次郎 大阪大学理学部教授          「物質の性質はどのようにして決まるか?
                             −物性物理の発展−」

   第7回 (平成3年11月2日、土、13:30〜15:30)   於:大阪大学基礎工学部Σホール
    吉田 夏彦 お茶の水女子大学文教育学部教授    「論理と人間」
    伊達 宗行 大阪大学理学部教授          「極限の世界」

   第8回 (平成4年10月30日、金、14:40〜16:40)  於:大阪大学基礎工学部Σホール
    Robert J. Geller 東京大学理学部助教授      「地震予知はできるのか」
    池谷 元伺    大阪大学理学部教授       「ミクロな目で見る宇宙地球
                             −電子スピン共鳴(ESR)地球物性−」

   第9回 (平成5年9月25日、土、13:45〜16:15)   於:豊中市立中央公民館
    牧 二郎 近畿大学理工学部教授(京都大学名誉教授)「湯川秀樹と日本の物理学」
    池内 了 大阪大学理学部教授           「現代の宇宙像」

   第10回(平成6年10月1日、土、14:00〜16:30)   於:豊中市立アクア文化ホール
    小田 稔 国際高等研究所所長(東京大学名誉教授) 「宇宙・物質・生命
                             −科学はヒトの心を理解できるか−」
    宮本重徳 大阪大学理学部教授           「ブラックホールよりの伝言−X線の変動
                             (声紋とこだま)を研究して何が分かったか−」

   第11回(平成7年10月14日、土、14:00〜16:30)  於:豊中市立中央公民館
    稲本一夫 大阪大学医学部教授           「X線発見100年〜日本へ最初に知らせた長岡半太郎」
    櫛田孝司 大阪大学理学部教授           「21世紀の主役となるフォトンとは何か」

   第12回(平成8年10月12日、土、13:30〜17:00)  於:豊中市立中央公民館
    徳永史生  大阪大学理学部教授          「眼における光・電気信号変換の仕組みとその変化」
    糸魚川直祐 大阪大学人間科学部教授        「ニホンザル社会の変遷」

   第13回(平成9年11月8日、土、13:30〜16:30)   於:豊中市立中央公民館
    高杉英一  大阪大学大学院理学研究科教授     「謎の粒子ニュートリノの世界」
    都出比呂志 大阪大学文学部教授          「考古学の新発見と自然科学」

   第14回(平成10年10月17日、土、13:30〜16:40) 於:豊中市立中央公民館
    河崎善一郎 大阪大学大学院工学研究科助教授    「雷から身を守るには」
    池谷元伺  大阪大学大学院理学研究科教授     「地震の前、なぜ動物は騒ぐのか
                             −科学はこんなに面白い−」

   第15回(平成11年11月6日、土、13:30〜16:40)  於:豊中市立中央公民館
    木下 修一 大阪大学大学院理学研究科教授     「モルフォ蝶の輝きの謎をさぐる」
    永井 泰樹 大阪大学核物理研究センター教授    「元素でたどるビッグバン宇宙」

   第16回(平成12年11月11日、土、13:30〜16:40) 於:豊中市立中央公民館
    交久瀬五雄 大阪大学大学院理学研究科教授     「ドミノ移植と質量分析」
    臼井伸之介 大阪大学大学院人間科学研究科助教授  「ミスはなぜ起こる?―ヒューマン・エラーの心理学―」

   第17回(平成13年11月10日、土、13:00〜16:30) 於:大阪大学理学部大講義室
    西原 力  大阪大学大学院薬学研究科教授     「化学物質とうまくつきあうには―
                             内分泌撹乱物質問題を中心に―」
    常深 博  大阪大学大学院理学研究科教授     「宇宙空間の高温ガスを見る」

   第18回(平成14年10月26日、土、13:00〜17:00) 於:大阪大学基礎工学部Σホール
    横山 順一 大阪大学大学院理学研究科助教授    「宇宙創生をさぐる」
    川北 稔  大阪大学大学院文学研究科教授     「時間は誰のものか ―近世イギリス人の歴史観―」

   第19回(平成15年11月8日、土、13:00〜17:00)  於:大阪大学基礎工学部Σホール
    交久瀬五雄 大阪大学大学院理学研究科教授     「田中耕一氏のノーベル賞と大阪大学」
    久野 良孝 大阪大学大学院理学研究科教授     「小柴先生とニュートリノと宇宙」

第2回目からは日本物理学会大阪支部と、第9回目から16回目までは豊中市立教育委員会との共催(第10回目は大阪大学理学部物理学科同窓会も含む).